ロードバランサー

お客さまのVMイメージをインポート

VMインポートは、お客さまがお持ちのVMware環境のイメージを、
Cloudestにインポートすることができる機能です。

特長

老朽化のリスク対策

老朽化によるリスクや、保守期限が迫る物理サーバーにて稼働しているシステムをCloudestへ移行することで、システムの稼働期間を延長することが可能です。

BCP対策

企業にとって重要な基幹システムなどを、そのままCloudestへバックアップ。
これにより、災害時などにおける事業継続性(BCP)を高めることができます。

オンプレミスからクラウドへの移行

「VMインポート機能」を活用していただくことで、オンプレミスからクラウド環境に迅速に移行するサービスを、より簡単に提供できるようになります。企業のシステムを預かるお客さまにお勧めします。

仕様

インポート可能OS

Linux CentOS 5.3(32 bit/64 bit)
CentOS 5.6(64 bit)
CentOS 5.11(64 bit)
CentOS 6.0(64 bit)
CentOS 6.2(64 bit)
CentOS 6.3(64 bit)
CentOS 6.4(64 bit)
CentOS 6.6(64 bit)
CentOS 6.7(64 bit)
CentOS 7.0(64 bit)
CentOS 7.1(64 bit)
Red Hat Enterprise Linux 5.8(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 5.11(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 6.1(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 6.3(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 6.6(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 6.7(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 7.0(64bit)(※1)
Red Hat Enterprise Linux 7.1(64bit)(※1)
Ubuntu 10.04 64bit
Ubuntu 14.04 64bit
Ubuntu 16.04 64bit
Windows Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition(64 bit)
Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition(64 bit)
Microsoft Windows Server 2012 Standard Edition(64 bit)
Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition(64 bit)
Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition(32 bit/64 bit)
Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition(32 bit/64 bit)
Microsoft Windows Server 2003 Web Edition(32 bit)
Microsoft Windows Small Business Server 2003(32 bit)
Microsoft Windows Server 2003 Datacenter Edition(32 bit/64 bit)
  • お客さまが保有する「Red Hat Enterprise Linux サブスクリプション」のOSイメージを、Cloudestにお持ち込みいただく場合は、下記ページをご覧ください。

機能・サービス:Red Hat Cloud Access

  • インポートしたサーバーはCloudest仕様のサーバーに準拠して作成されますが、基本ディスク容量は、Linux系:30GB、Windows系:80GBとなっております。
  • VMインポートに失敗したサーバー(コントロールパネルにて「インポートエラー」と表示されたサーバー)は、3日程度で自動削除されます。

OVFファイルの通過条件

VM数のチェック 単数であること
Disk数のチェック 単数であること
仮想ハードウエアチェック vHW7、vHW8、vHW9、vHW10
ネットワークアダプタ Vmxnet3、E1000
VMDKファイルのサイズチェック 定義した許容サイズ(500GB)を下回っていること
インポートOSのチェック インポート可能OSを参照

制限事項

VMインポート前にご確認ください。

  • イメージの作成方法については、VMイメージの作成方法をご覧ください。
  • VMwareToolsがインストールされている必要があります。
  • マウントしているディスクはインポートすることができません。マウントディスクをはずしてから、VMイメージの作成をお願いします。
  • VMイメージファイルのアップロード時にCPU、メモリを選択します。
    32bit版のOSをインポートされる場合、4GB以上のメモリを選択しても実際の使用量は3.5GB程度になります。
  • お客さまのサーバーにIPアドレスが固定で振られている場合、動的に取得するよう設定を変更してください。
    静的に振られている場合インポートエラーとなります。
  • VMインポートは、1IDにつき1セッションを推奨しています。1セッション以上のセッションを張った場合、インポートの制限をかけさせていただくことがあります。
  • ディスクを暗号化しているVMイメージは、インポートすることができません。暗号化を解除してから、VMイメージの作成をお願いします。
  • ovfファイル上、3本以上のNICが存在していても、VMインポート時に指定したNICだけになります。(グローバル側:0~1本、プライベート側:1本)
  • VMwareToolsの自動更新は、有効になります。
  • CD-ROMのマウント方式は、IDEパススルーに設定されます。
  • VMインポートされたサーバーは、Cloudestに合わせた構成に変更されます。
    MACアドレスの固定化をはじめとしたサーバーとしての個別設定やゲストOS上の設定などは、Cloudestに合わせた設定に変更されますのであらかじめご了承ください。

料金

月額(税別) 従量(税別)
VMインポート 無料
超過ディスク 5,000円 8円/時

インポートするOSごとに別途OS利用料金が必要になります。詳しくは適用OSの利用料金をご覧ください。

適用OS利用料金

  • VMイメージをインポートする際に選択したサーバーの利用料金(月額・従量)が必要になります。
  • インポートするVMイメージのローカルディスクサイズが、基本ディスク容量(Linux:30GB、Windows :80GB)を超過した場合、100GB単位で超過ディスク料金が発生します。
  • サーバーの料金プランに付随して、月額・従量のプランが決定します。
  • オートスケール時は、超過ディスクの料金を含めたサーバー料金を従量で課金します。

ご利用方法

コントロールパネルおよびAPIからご利用いただけます。

注意事項

  • VMインポートする場合は、ゾーンを選択してインポートします。
  • VMインポートにて作成されたサーバーは、ホットスケールアップの対象外です。サーバータイプの変更を行うときには再起動が必要となります。
  • VMインポート機能でインポートするサーバーをプライベートLAN環境に入れたい場合、インポート時にコントロール画面上で指定のプライベートLANをご指定ください。プライベートLANは、事前にコントロールパネルより作成されている必要があります。
  • 本機能を利用して作成したサーバー上ではVMwareToolsによる時刻同期設定がDisableとなるため、公式FAQの手順を元に、必要に応じてEnableに変更をお願いします。

    VMwareToolsの時刻同期はどのように動作確認・有効にすれば良いですか

  • サービスパックを適用していないWindows Server 2003、Web EditionおよびStandard Editionをご利用中のお客さまは、VMインポート後にサーバーが正常に動作しない場合があります。下記の注意事項をご確認の上、ご利用ください。

    Windows Server 2003サービスパックなし(32bit版)をVMインポートする際の注意事項

本ページ記載の他社製品名および会社名などは、各社の商標または登録商標です。

本ページの内容は、2016年11月21日時点の情報です。